読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸運(グッドラック)と踊(ダンス)っちまおう!

幸運(グッドラック)と踊(ダンス)るための日々の格闘の記録。

子どもをやる気にさせるには

塾に通い、中学受験に向けた勉強を始めていくにあたって、塾の力をお借りしつつ、塾を最大限に利用しながら、無理なく、かつ最も効果的に勉強をするための作戦を考えています。
しかし、いきなり出だしで躓いている感があります。

 

おそらく、いちばん大事なのは子ども自身のモチベーションだと思います。
「子どもをやる気にさせる」ためには、どうすればよいか。

 

正直、うちの子どもは自分から「塾に行って勉強がしたい」、「中学受験にチャレンジしたい」と言い出したわけではありません。
ですので、今のところ、強い拒否反応を起こしているわけではないですが、塾に通いはじめるのをワクワクしているというわけでもないのです。
また、私自身、何としても中学受験して難関中学に進学してほしいと強く思っているわけではありません。
ただ、わが子の可能性を少しでも伸ばしてやりたい、とは常々考えています。
この半年ほどの短い間ですが、中学受験についていろいろ知って、チャレンジすることで大きく成長するかもしれないとの考えに至り、経験の場を与えてやりたいと思いました。

 

まだ4月でやっと四年生ですから、本人はまだ、塾に『行かされる』との思いが大きいのかもしれません。
私もガミガミ言って、ビシビシやらせるつもりもないです。
なので、できるだけ短い勉強時間で、成果・達成感を味わわせて楽しいと思わせることで、やる気を出したいのですが。

 

これまで塾選びをしてきたり、勉強のやり方やノートの活用方法について考えようとしてきたりしましたが、これらの前に最も大事で、最も難しいのが「子どもをやる気にさせる」ことなのではないかと。
実際、やる気がある子どもなら、あまりにも良くないものでなければ、塾がどこであろうが、どんなテキストを使おうが、一定の成果は出せる気がします。
勉強のやり方などはその成果をより出しやすくしたり、上積みさせるものでしょう。

 

まあ、塾に通って勉強を始めて見たら楽しくなって、自然とやる気になってくれるのが理想ですが、そうなるように仕向ける手段としての「勉強のやり方」や「ノートの取り方」、「スケジュール管理」などの作戦を考えたいのです。